トップページ > 患者様の声

患者様の声

タケスエ歯科医院に通う患者様の声

毎日のブラッシングが楽しみです! 加藤様(50代 女性)

私がタケスエ歯科医院に通い始めたのは、姉がブラッシングの指導を受けていたからです。
姉は4~5ヶ月ほどで歯茎が引き締まり、見違えるように歯が白く変わりました。その変化を目の当たりにして心が惹かれた私は、「美しい歯で生涯を過ごせたら」という思いでお伺いしました。花で作られたアプローチの先にある扉を開けば、そこは応接間。右手には一輪の季節のお花が飾られていました。「歯科医院」には少し苦手意識がある私ですが、あまり「歯科医院に来た」というイメージがなく、安堵したことを覚えています。治療室は窓が広く、そこから見えるお庭の緑にも癒されました。

麻酔も非常に優しく丁寧に行っていただけて、治療に関しては痛みを感じることなく終了しました。私は奥歯を治療していただき、今ではしっかりと物が噛めるようになっておいしく食事がいただけています。それまでは詰めものの不適合や不具合にも気づかずに生活していましたが、治療していただいて初めて私自身の歯の状態を知ることができました。院長先生は歯の全てを知っているからこそ、ここまで見事に修復できるのだと感激しております。

また、楽しみにしていたブラッシング指導も歯科衛生士さんに丁寧に教えていただいて、歯ブラシを当てる角度や力の入れ具合などを知ることができました。今まで60年近く行ってきた歯磨きは何だったのだろうかと思えてきて…(笑)こういうことこそ、子どもたちに身につけてもらいたいものです。

今の私の楽しみは、「一日一回、丁寧な歯磨き」を行うことです。口の中を診察してもらうのは嬉しいことではありませんが、先生方の笑顔に支えられて、足取りも軽やかに通院させていただいております。

ずっと歯を大切にしてこなかった爺さんのこと、知ってるかい? 三原様(70代 男性)

近所に住む、とてもダンディーな初老の男性です。 
お若いころにはイタリア、メキシコ、サンフランシスコ、に住んでおられたご経験があり、国際的な知識をたくさんお持ちで、色んなことを教えていただきました。 当院に長いことご通院中の西池様のご紹介で、歯周病治療とインプラント治療でお通いいただきました。
ご自身のことを「爺さん」と称され、おもしろおかしく物語風に書いて下さいました。

ずっと歯を大切にしてこなかった爺さんのこと、知ってるかい?
その爺さんは若い頃に外国で「pyorrhea(歯周病)」にかかってアメリカ人歯医者に奥歯を3本抜かれ、入れ歯をかまされブリッジをつけられる拷問を受けて日本へ帰って来たんだそうな。だが、爺さんがふと気がつくと歯はガタガタ、歯茎は腫れてくるし、「うまいものを食べることだけが楽しみなのに・・・」と嘆いてみたが後の祭り。今度は徹底治療を決心したという訳さ。

ある日、タケスエ歯科医院を知った爺さんは、里に住むおばさまにその評判を訪ねたんだと。
すると、たいへん立派な歯医者様とのこと。爺さんはおばさまに紹介カードを作ってもらい、予約を済ませて医院に行ってみた。すると、落ち着いた雰囲気の中、それは魅力的な歯科衛生士のお姫様たちが明るくさわやかに迎えてくれたんだと。爺さんは、厳しくも優しい院長先生、頼もしい副院長先生、そして爺さん担当の衛生士さんの3人がかりで徹底的な精密検査を進めてもらった。
それから8日後には、21葉の綺麗な診断結果と治療計画をもらい、懇切丁寧な説明を受けて、爺さんすっかり納得したんだそうだ。「Informed Consesnt」ってえやつだな。診断書の写真で自分の口内の汚れがはっきりわかった爺さんは、かなりがっくりきたらしい。だけど、先生から「今後の正しい手入れと処置で生かせる歯はできるだけ残しましょう。抜きません」と言われて安心したんだそうだ。

それから3ヶ月かけて治療してもらったんだが、それが少しも痛い思いをしなかったんだと。ただ、噛み合わせを調べる時の院長先生の「はい、グリ・グリ・グリ!」という掛け声が耳から離れないそうだ。大変だったのは、衛生士さんの厳しい歯磨きのお稽古だったらしい。歯周病の進行を防ぐために正統派歯磨き術の習得が如何に重要か、さんざん説教されて歯ブラシの使い方の稽古でしごかれたんだと。今では爺さんも歯磨き狂いになっちまって、毛先の短いブラシや歯間ブラシ、洗浄液まで揃えて歯を磨いてるってさ。

その後、爺さんは抜いた奥歯の代わりに人工の歯を植え込む「インプラント」って手術をしてもらったんだ。CTスキャンや口内の掃除の後で副院長から説明を受け、5年間の保証までいただいて、安心して手術を受けたそうだ。爺さん緊張したらしいが、特に痛むこともなく3日後には晩酌してたってさ。
手術後の養生も順調で、タケスエ歯科医院にお世話になってから丸一年で治療が完了したんだと。治療後は歯並びも綺麗になって違和感もないし、舌で触ってもツルツルして気持ちが良いと爺さん大喜びさ。レントゲンで見ると、腫れていた歯茎が回復していたし、インプラントをした下顎の骨が再生し始めていたんだそうだ。

爺さんはこれからもタケスエ歯科医院に通うのを楽しみにしているようだよ。近いところに良い歯医者さんがあって、私たちも安心だねえ。めでたし、めでたしだ。

ページトップへ




Copyright (C) 歯周病専門外来~タケスエ歯科医院~. All Rights Reserved.